勃起不全患者の急増

勃起不全の関する調査

ファイザー社が行ったバイアグラの販売促進の作戦によって、勃起不全予備軍だった人々が一晩にして勃起不全患者へとなりました。

 

それまでは自分の症状について全く理解できていなかった人たちがそれほど多くいたということです。

 

医療界の教会と、医療区分の拡張が記録的な数の男性を医師の元へ送り込まれたということです。ファイザー社にとっても記録破りの収益を手に入れました。

 

かつてないほどの人々がバイアグラの処方箋を求めて診察を受けて、バイアグラの購入し、服用しました。それによって利益を得ているというのが、市場拡大という企業背景にしっかりとはめ込まれた診察拡大の全体像です。

 

哲学者はこのようなバイアグラの現象をこう説明しています。

 

哲学者

製薬会社が何の根拠もなく病気を単に作り上げているわけでもないし、精神科医が健康な人間を病気と診断するように騙されているわけでもない。生まれつき勃起不全を患っている人がいるといっても誰も疑わないし、正しいバイアグラ治療をすれば勃起不全が改善するということも信じられることです。しかし、勃起不全の診察区分が広ければ広いほど、その境界に内包される患者数や、処方されるバイアグラの量も増えるのです。

 

ジャーナリストも勃起不全患者の急増を懸念する記事を紹介している。

 

ファイザー製薬によって作り出された「軽度のED」という区分を作り出したことが勃起不全患者を爆発的に作り出し、バイアグラ販売数の増加に拍車をかけている。軽度のEDとは勃起は得られるものの、以前ほど硬くないし、長続きしないと心配している男性を対象としています。

 

決まったパートナーがいるにしても40歳以上の男性で、こういう悩みを抱かない人がどれぐらいいるでしょうか?

 

こういう男性も数に入れてアメリカではED人口は3000万人に達する。

 

この患者たちの人数の急増は、本当の病気である勃起不全と、漠然とした不満である勃起不全とは違うのではないか?その線引きがあいまいであるとバイアグラは3000万人のほとんどが手に入れたいと思うに違いない。

 

バイアグラの薬価が安ければ、これ以上の男性がバイアグラを買い求めるようになってしまうかもしれない。

 

勃起不全の関する調査について

 

勃起不全の関する調査

性生活の不満に関する一般統計を出版されました。アメリカでは男女ともに30パーセントから50パーセントが性生活に不満を持っている、不満を訴えているということです。

 

このデータはバイアグラ製造元であるファイザー社も求めていたものであり、ファイザー社はこのデータを確かなものにしようと数々の専門学者を雇い入れて検証させました。もちろん、多くの男性のバイアグラに興味を持ってほしいからです。

 

バイアグラの登場で多くの人々の性生活の不満は改善されました。性生活の不満しか表現方法がなかった問題が、性機能障害と言う用語も生まれました。

 

この分野の言葉が生まれるたびに、ED治療薬は注目されその効果を紹介され、多くに人の性生活の不満を取り除いてきたのです。

 

そのためにED治療薬については女性も興味を持ち始めるようになりました。ファイザー社もバイアグラ向け助成市場から利益を得ようとしているかに見える試みもありました。

 

先ほどのデータからも、女性の30パーセントから50パーセントが器質性機能不全を体験していると主張したのです。

 

このようにバイアグラが登場するまでに、ファイザー社は大規模な医療市場の創出に説得力のある統計的なデータを示すために、10年に及ぶ大規模プロ軸とを調査データを利用できるようになっていたのです。